読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使って羽が生えてないんでthね!

しがない茶の間ヲタクの独り言。エイトとジュニアの人。広く浅くゆるく。

『ジャニーズ・ワールド』出演中 Snow Man全員からのメッセージ

ネットニュース

 

現在上演中の舞台『ジャニーズ・ワールド』(東京・帝国劇場)に出演しているジャニーズJr.の2つのグループ『Snow Man』と『SixTONES』。お互い切磋琢磨しながら成長する彼らだが、今回は『Snow Man』の6人に緊急インタビューを行った。

 
■深澤辰哉(23才)
 今回はすべてのパフォーマンスに集中力が求められていて、初日の前は何日も眠れなかった。スネア(ドラム)も電飾をいれると13 kg以上あって見た目以上に大変なんですけど、期待されているからこそだと思うので引っ張っていくしかないですね。今年は個人的には外部舞台に出て芝居の経験を積みたい。『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)の洞窟ロケが楽しかったので洞窟マイスターとかになって阿部ちゃんに続きたいな(笑い)。
 
■岩本照(22才)
 今までは、先輩のサポートをしつつ、後輩に対して“ついてこいよ”っていう姿勢だったんですけど、今回は人数も多いし舞台が初めての子も多いので、何か変化があったり困ってることがあったらいちばんに気がつく人になりたいって思ってます。キャストとスタッフ半々の役割って勝手に思って、考えて、行動させてもらってます。考え方を変えたら、周りの人に喜んでもらえることが自分の喜びになってきました。こういう立場で活動させてもらえている感謝を忘れず、一日一日を大切に過ごしていきたいです。
 
■阿部亮平(22才)
 4年目の出演となる舞台なのでジャニーズ・ワールド特有の変化を楽しんでます。ちびっこJr.を見て“みんな練習したんだろうな~”ってお兄さん気分もあります。今回はSixTONESも加わって、楽屋が部活みたいな雰囲気になってます。去年、気象予報士の資格をとったのですが、今年は頭の回転が速くなりたいですね。卒論とジャニーズ・ワールドを両立して無事に大学を卒業できるよう頑張りたいと思います。
 
■佐久間大介(23才)
 今回は肉体的な疲労っていうより、バスケだったりファンカッションだったり、精神的に神経を使いますね。苦手なボールとも、一緒にごはん行けるくらいのお友達にはなれたかなって(笑い)。お客さんには、期待以上のものを見せるべきだとジャニワに限らず常に思ってます。だから一生懸命練習する。ジャニーズっていう責任感、その中でSnow Manっていう責任感を果たす。下積みから何でもやらせてもらってきたからこそ、常に完璧を目指したいですね。
 
宮舘涼太(22才)
 ぼく自身、Jr.としての仕事はもう終わったと思ってます。Snow Manとしての役割を与えられているので自分たちの背中を後輩に見せていきたい。今年は帝劇の座長、大河ドラマへの出演という夢への1歩を確実に踏み出したい。ジャニワ直前に阿部を好きなショップのセールへ誘い、表参道デートしました。表参道のイルミネーションは点灯してるのに、ぼくの恋のイルミネーションはまだ灯っていないので、誰か灯して!
 
■渡辺翔太(23才)
 今回はリハーサルが早く始まったんですけど“ジャニワあるある”で、初日の幕が上がった頃には違ったものになってました(笑い)。大人数いても自分に目を向けてもらえるように、踊りをいつもとは少し変化をつけてやってます。ぼくをずっと見てくれてるかたなら気がつくはず! 今、キャラ迷子中なんですけど、どんな色にも染めてもらってもかまいません。お好きな渡辺を持ち帰っていただきたいと思ってます。
 
※女性セブン2016年1月28日号